マックバーガーに犯されたアラスカ先住民イヌイットの健康被害

マックバーガーに犯されたアラスカ先住民イヌイットの健康被害




人が太る原因については
これまでの記事で糖質(炭水化物)が
その元凶である事を繰り返して述べて来たでしょ。



この糖質について
ちょっと面白しろい話を
アメリカのハーバード大学で栄養学について研究をしてきた
或るお医者さんが提唱していたので
参考に引用して見るね。





それは灼熱の大地に住むアフリカのマサイ族と
氷点下の極寒地に住むエスキモーのお話。

その共通点とは…

彼らは驚く程の肉食生活をしているという点。

アフリカのケニア地方に
牛・羊・ヤギ等の家畜の遊牧で生計を立てる遊牧民の
アフリカのマサイ族
彼らは主に狩りで仕留めた動物を食べて暮らしているそうね

勿論農耕の技術は皆無。



合成マサイ.png



片や
氷の世界に住むエスキモーは、
アザラシを初めとする動物や
海で漁れる魚介類を主食にしているのね




周りは一面氷の世界なので
当然
農耕などできる訳はない。
完全な肉食人種と言えるよね。


この二つの民族にある共通点とは?
それは
糖質(炭水化物)を殆ど摂取していないと言う事。
摂取していないというか、
摂取したくても彼らの生きる世界には
「糖質」自体が無いのね。

そしてこの人種には肥満人は
一人としていないと言う点ね。

画像でも分かる様に
筋肉質で贅肉は全くない。

あなたのお隣のおっさんの様に
メタボ腹はいないのよ。

確かに
たまにテレビなどでマサイ族の生態ドキュメンタリー報道を見るけど
彼等の褐色の体は痩せ型だよね。
上半身裸の女性も豊満な乳房ではなく
こじんまりとしたオッパイだわ。



なのに
彼らは非常に健康で
肥満を発端とする所謂
生活習慣病が殆ど無いのだそうよ。


彼等は肉食なのに極めて健康。
これは分かる気がする。
食事は極めて質素、
糖質のある炭水化物は食べようにも無い


それでいて
あの広大な大地を
槍を持って飛び回っている。
糖質が入ってきたところで
それを脂肪にして溜めるどころか
エネルギーに変えて使う方が
遥かに多いでしょうから
脂肪が蓄積される余裕はない訳よね。


以上の
マサイ族
エスキモー
供に
肉や魚介類中心の食生活で
肉をはじめとするタンパク質をしっかり摂取すると
筋肉が付き易くなり
壊れた筋肉も素早く修復されるのね。

この様に
土地、気候上農業は合わず
野菜や穀物を食べる事もなかった彼等は
それでもがん患者は皆無に等しかったのね。

ところが
エスキモーに関しては
近代になって環境が激変した結果
元々誰からも干渉される事無く
その土地で伝統的な生活を送っていた
アラスカ先住民族エスキモー(イヌイット)は

自分達の土地がアメリカ州となり
白人達との交わりを持つ事によって
食の西洋化がじわじわ浸透し
生活習慣病患者の激増で
大きな社会問題にまで発展して来ているのよ。


西洋食が流入する前のイヌイットの食生活は
狩猟による生肉が中心で
漁では
アザラシ
クジラ
セイウチ
陸では
トナカイ
うさぎ
鳥を中心とした食事だったけど


アラスカ.PNG


ここ30年ほどで西洋の食文化がどんどん入り込み
マクドナルドやタコベルの様な
ファーストフード店が出来
イヌイットも伝統的な食から
こうした悪しき食生活に侵されているのね。

西洋食にはお決まりの
過剰な油や炭水化物(糖質)の摂取
人工甘味料の入った
糖分たっぷりのドリンクやスイーツ等
今まであり得なかった身体に悪影響の摂取が増えた結果が
がん患者の増加に繋がったの


歯を磨く習慣のないイヌイットの虫歯増加も
別問題となっているのね。


ところで
ショッピンは
食品でナマで食べるのは野菜だけ。
どんな野菜でも炒めたり煮たりしないで
必ず生食してるのね。



肉から摂るたんぱく質は
糖質ゼロの鶏胸肉が全体の5割
この鶏胸肉は油がない分
ぱさぱさした食感がいまいち敬遠されて
鶏もも肉、手羽先、ウイング等を買う人が多いけど
これを美味しく頂ける調理法を
ブログで紹介しているので
興味のある方は覗いて見てね。



糖質ゼロ、低コレステロール、高蛋白質、高抗疲労物質の鶏胸肉を
ジュシーに柔らかく美味しく仕上げる調理法とは?
  ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.beautifulife.site/article/452327506.html




豚のロースやバラ肉類が残りの半分
あと半分は卵。

糖質の母
お米に関しては
お米2合に秋田こまち玄米1合を混ぜて
炊いてるのね。



勿論
糖質はお米にも玄米にもほぼ同量あるけど
白米が食後に血糖値を急激に上げる作用を
玄米が抑えてくれるのね。



特に
植物繊維はコメの6倍も多くあるから
便秘解消の本命にしてるし
アンチエイジングの猛者と見做している
ビタミンEが豊富にあるのが魅力なのね。




どうせ口にするなら
白米のほかほか食感は
玄米入りで幾分阻害されるけど
上述のマサイ族とエスキモーの例でも分かる通りに
美味しい物ほど体にはマズイのよ。



人間
誰しも誘惑には超弱いから
特に
三大欲望の
食欲
性欲
睡眠欲は
我慢出来ないからね。



でも
長い目で見れば
アフリカのマサイ族は生き残って
異種細胞への抗体が弱い
アラスカのエスキモーは
日本の蝦夷地で滅びたアイヌの様に
絶滅危惧人種には
成って欲しくないよね。

この記事へのコメント

スポンサーリンク