メイクを整えるにはスキンケアとフードケアが必須!


メイクを整えるにはスキンケアとフードケアが必須!



今回は女性専科
んで
男性諸氏はパスだよ。




人間の三大欲望は
どう言う訳だか”三つともサ・シ・ス・セ・ソ行にあって
食欲
睡眠欲
性欲何だけれども

それに勝るとも劣らないもう一つの欲望が
若若しい身心欲でしょ



美体.jpg




誰だって
何時までも若く
綺麗なイケメン、イケマンでいたいよね。




山程の大金出しても不老長寿の薬が欲しいと
昔から当時の権力者が求め続けていた事は
歴史が証明しているじゃない・・・




しかし、
人間誰でもオギャーって生まれた瞬間から
成長の裏返しとして老化は始まっているの。


20歳に成ったら
誰でも成人式に出席するけど
成長過程ではここが恐らくピークで
後は徐々に徐々に若い体も
衰退して行く過程に入るのよね。




でもね
そうかと言って若さ溢れる20代から
アンチエイジングを実行するお方は
まー、まれでしょうね。
そこまで我が身の先行きを達観できる
天才はまれだから・・・




おのれの体型や
お顔のほうれい線や
おめめの小じわや
おくびの歪みや
お肌のたるみ




合成肌.jpg




ちなみに
おくびにも出さない・・・のおくびは
「噯(おくび)」 胃にたまったガスが出てくるもの・・げっぷの事で
ある物事を深く秘密にして一切口に出して言わない・・と言う意味で
上のおくびとは異なるので念の為に。

等が目立ってきて
ようやく
あれーっヤバイじゃんってなって気が付くのね。




話を本来のブログのテーマに戻すけど
男女を問わず
一生切り離せないのが美容と健康。




特に女性は生涯で化粧品など美容に
最低1千万円はかけると言われているのね。



ありとあらゆるスキンケアを使って
メイクを施して……。
どんなに外面を装飾しても
内面の栄養に過不足があれば
結果として至る処に悪影響が現れ
顔色
肌のみずみずしさ
髪のツヤ
等も失われてしまうでしょ。




張子の虎じゃないけど
中身がない状態では
どんなに良いものを付けても
見掛け倒しになっちゃう。

外見だけを美しく見せ様とする虚飾ではなく
身体の内側から健康な状態を保つ事が
即ち外側と内側が一体となってこそ
本当の美しさなのよね。

そう思わない?




■基本としては
日々の食事から栄養素をバランスよく摂取するのが理想
特に
揚げ物は極力控えた方が良い。
去る7月5日のブログ
「トランス脂肪酸って危険だというのはホント?」
で書いたけど
  ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.beautifulife.site/article/451532560.html?1512666979

油の取り過ぎはお肌の毛穴にも脂肪が蓄積されて
美容の基本の「ベースメイク」には大敵なのね。




基礎をしっかり整えた上で
皮膚に栄養を与えるスキンケア
そして
より美しく魅せるための
コスメとメイクによって
美人を極限にまで追求しましょうね。


可愛いスッピンでも
メイクの仕方がヘタクソだったら
すっぴん顔なりの顔になってしまうよね。

さえないスッピンでも
メイクが上手ければ
男性の目を引き付ける美顔が出来ちゃうので最強ね。




合成美容.jpg




■「ベースメイク」
これこそが美顔の大前提と言っても過言ではないでしょ。

素肌が綺麗でないなら
ベースメイクで美肌を作り上げるしか方法はないので
下地に
ファンデーション
コンシーラー
シェイディングを上手に使って
美顔になってね。




表面の毛穴やキメを隠して
表面を滑らかにし
次のファンデの肌への粘着力を高め
・紫外線、外気、乾燥から肌を守る
・毛穴の脂分を少なくして化粧崩れを防ぐ
・ファンデの添加物が毛穴に蓄積するのを防ぐ
・メイクリムーブの際に肌を傷めない
ので大事なメイクアップなのよ。




■魅惑的なアイシャドウ
アイホール全体にパールシャドウを塗るなどして
若々しい瞼にする。


目の下の涙袋にもホワイト系のハイライトカラーで
アクセントをつけると
これも又
男性の目を引き付ける美瞳が出来ちゃうので最強ね。




■マスカラ
ビューラーやマスカラで整えて
ぱっちりとしたまつ毛をつくってね。



そして最後に
■「リップ」
女性の唇は性的魅力の大処。
口紅を塗ったうるっとした唇には
男性のハートを魅了する魔力があるのね。

目を奪われる…キスしたくなる唇に・・・
仕上げれば
恋人の唇をあなたの唇に引き付ける
美唇が出来ちゃうので最強ね。

とは言え
「過ぎたるは及ばざるが如し」で
どれにしてもオーバーメイクは禁物だからね。

上品にして尚且つ魅惑的な美顔に
仕上げましょうね。



アバター2.PNG



この記事へのコメント