ラーメン、うどん、そば、はたまたスパゲッティ、あなたは何食派?

ラーメン、うどん、そば、はたまたスパゲッティ、あなたは何食派?

今回はチョット趣向を変えて食べ物ブログね。


ショッピンは
一食品に偏(かたよ)ると食傷気味になっちゃうので
うどんが5割、ラーメン、そばが半々ずつ買うのね。
そして
うどんの5割が
インスタントカップうどんと
素うどんが半々ずつにしてるのよ。


スパゲッティはインスタントがないので
いちいち茹でるのが面倒で買わない。


何故
こんな配分で麺類を買うのか
その理由は
加工麺類に含まれている塩分を気にしているからなのよ。


カップ入り麺類には
「標準栄養成分表:1食73グラムあたり」
として各栄養含有量が表示されているでしょ。

それとは別に
「食塩相当量」として塩分含有量が表示されている。

例えば
ショッピンは
近所のセブンイレブンで良く買い物するけど
■きつねうどん 「食塩相当量=4.6g」
■天プラそば  「食塩相当量=4.1g」
■醬油ヌードル 「食塩相当量=5.6g」
■鶏がら醬油ラーメン「食塩相当量=6.1g」
■焼そば    「食塩相当量=4.1g」
■即席袋めん(日清ラ王)「食塩相当量=5.8g」
等の表示が有るのね。




合成塩分胃がん.jpg





「標準栄養成分表」もさる事ながら
ショッピンは上の「食塩相当量」を重視してるのよ。
世界の保健組織でも
塩分の一日の摂取量は6g以下を推奨しているのね。


日本人の塩分摂取量は平均的にも
その倍近い塩分を摂取している。

ラーメン好きの私達は
ラーメン、上の例で言えば
鶏がら醬油ラーメン「食塩相当量=6.1g」一食で
もう一日分摂取してるでしょ。



加えて
一日3食の食事では
お寿司を食べたら醬油をたっぷり付けて食べる

一杯やりながら
刺身に醬油をたっぷり付けて放り込む。

お味噌100gにも 約11gの「食塩相当量」があり
味噌汁1杯にも2g位は塩分があるでしょ。

これまでのブログで何回か触れたけど
■日本人の死亡率トップは「ガン」よね。
そのガンが発生する源は
「塩分の取り過ぎ」
 ↓  ↓  ↓  
「血圧が上がる」
 ↓  ↓  ↓
「動脈硬化になる」
 ↓  ↓  ↓
「血管内に血栓が出来て血流が滞る」
 ↓  ↓  ↓
「脳の毛細血管或いは心臓の毛細血管が切れる」
 ↓  ↓  ↓
脳溢血、心筋梗塞で失命する」


塩分を過剰に取り続けると
 ↓  ↓  ↓
その刺激によって胃壁が荒れ易くなり
 ↓  ↓  ↓
荒れた胃粘膜にピロリ菌が住み付き易くなり
 ↓  ↓  ↓
その活動や繁殖が高まり
 ↓  ↓  ↓ 
ピロリ菌によっても胃粘膜が荒れるという悪循環が起こり
 ↓  ↓  ↓
荒れて修復を繰り返すほどガン化リスクが高まり
 ↓  ↓  ↓ 
塩分とピロリ菌がデュエットを組めば
 ↓  ↓  ↓  
胃癌のリスクが高まる



荒れた胃粘膜からは
過剰にとった塩分そのものが細胞に浸透し易くなり
細胞のミネラルバランスが崩れる事によっても
ガンのリスクが高まるのね。


なので
塩分の過剰摂取は
ピロリ菌と絡んで二重、三重に胃癌のリスクを高めてしまうのよ。

碁聖塩分.jpg


ショッピンは
元々血圧は高い方なので
塩分摂取は相当神経質なのね。

要するに
血液をドロドロにする危険物は
出来るだけ避ける様にする訳よ。

なので
上述の様な麺類を頂く場合には
スープが別袋で入っている様な
即席めん袋や焼きそば等は
袋のソースは半分しか使わない事にしているのね。
後の半分は
素うどんのスープに使うのね。
そうすれば
塩分摂取は表示量の半分で済むでしょ。



インスタントカップめんは
ソースはカップの中に前もって入っているので
これは、お汁の半分は残す様にする訳。

スープを全部飲んじゃうと
後で喉がすごく渇いてしまうので
それも嫌で半分飲みにしてるのね。

これも
塩分取り過ぎで
万が一にも車椅子なんかのお世話になるのは
まっぴら御免なので
リスク回避の涙ぐましい努力なのよ。


アバター2.PNG